建築科

工業専門課程2年制  全日制

京都の住まいやものづくりの伝統に直に触れ、基礎から建築をまなぶ

授業風景

  • 1年次は建築の面白さを 2年次は社会への入口を学んでもらいます。
  • 授業の基本は、計画・法規・構造・施工といった建築士・施工管理技士の資格のための基礎的な科目をきちんと押さえながら、社会で即戦力となるよう設計図面の描き方・読み方を覚える製図・設計・CADなどの演習に重点を置いています。
  • 本校の特色である伝統建築の見学・意匠演習・木工実習などの演習・実習を通して、広い視野と感性を身につけてもらいます。
  • 主体的なまなびの場として、町家・和風デザイン・インテリア(リノベーションデザイン)・家具制作・住居論など各々の関心に沿った選択ゼミを開講し、2年次におけるコース選択と卒業後の進路に備えます。

2年次に選択する3コース

設計コース

建築士・建築施工管理技士などの資格取得を目標に、建築について総合的な理解を深めます。設計製図・計画・法規・構造・設備などの必要知識をトータルに学び、最終的にはその成果を一つの建築物の設計にまとめます。
また、実務に必要な、建築デザインの設計の意図をわかりやすく伝達するためのプレゼンテーション能力の向上も目標としています。

リノベーション・デザインコース

renovation古くなった建築。これを改修し、新しくよみがえらせるのが、リノベーションです。個人の思い出、町の思い出の詰まった建築に、再び輝きを取り戻す仕事が増えつつあります。
省資源・省エネルギーの観点からも注目されているリノベーションを、主として京町家を題材に学びます。

木工コース

木材をノミやカンナを用いて加工したり、施工図を描いたり、木造建築のプロセスを学びます。熟練の棟梁や技術者の指導のもと、現場実習などを通じて木工技能の習得や現場の流れなどをつかみます。
また、木工技能にプラスして設計製図・計画・法規・構造・設備などの建築知識も学び、「建築士」の資格を持った大工さんを目指せます。

建築科
全日課程2年制。京都の住まいやものづくりの伝統に直かに触れ、基礎から建築を学びます。
 
カリキュラム
各授業の概要です
 
ゼミ
ゼミは興味にあわせて自由に選択します。卒業までに3単位必須
 
時間割
2016年度1年生の時間割例です
 
教員
各科目担当教員の紹介です
 
学生作品
建築科在学生と卒業生の設計から、いくつか紹介いたします。         ...
 
在学生・卒業生の声
活躍中の卒業生の声をどうぞ

物件検索用バナー