社会人の方へ

京都建築専門学校には、数多くの社会人やダブルスクールの方が通っています。
(本校のリカレント教育について)

《大学生・社会人のみなさん、建築を学んでみませんか。》
2年の学びで建築士受験資格

リカレント教育とは、基礎教育を終えて社会人になったあと、あらためて就労に活かすため学び直し、また就労するというサイクルを繰り返し、生涯、社会で活躍するための教育のことです。

本校の発足は、社会人を対象とした、夜間部(現、建築科二部)からはじまりました。昭和26(1951)年のことです。建築の現場で働く皆さんに、建築の基礎知識を学んでいただくため設けられたものです。その目標として建築士の資格がありました。

現在では、大学生のダブルスクール(文系の学部や学科の人も)として、あるいは社会人(建築あるいは建築以外)の方、さまざまな境遇の方が、以下のようなさまざまな理由によって、2年間、建築の基礎を学ぶ場として、本校を選択しています。

働きながらの学びとは(動画)

建築科(昼間部・2年制):社会人で建築関係の職に転職したい人、建築士の資格を取りたい人向け。建築科二部より授業時数が多く、しっかりと建築の基礎が学べる。

建築科二部(夜間部・2年制):現職を続けながら、昼間アルバイトしながら、あるいは大学に通いながら、建築の基礎を学び、建築士の資格を取りたい人向け。平均年齢が高く社会人クラス。

建築士試験受験資格(建築科・建築科二部とも):
二級建築士・木造建築士・・・卒業後実務経験0年、一級建築士・・・卒業後実務経験4年

社会人の方

・建築関連の仕事についている方が、知識を深め、仕事の幅を広げるため
・建築関連の仕事についている方が、建築士などの資格試験の受験のため
・建築以外の仕事についている方が、転職するため
・これまでフリーターであった方が、就職するため
・高校から文系を選択し、進学就職したが、建築への夢をかなえるため
・趣味あるいは生き甲斐として

 大学・短大生の方

・自らの専門に加え、さらなる幅広い知識を身につけるため
・卒業後の進路の幅を拡げる目的のため
・建築士などの資格試験への対応のため
・大学在学中に建築士の資格を取るため
・建築以外の学科(たとえば文系の学部)に在籍していて、建築士になるため

ダブルスクール実績:

京都大学大学院、京都大学、同志社大学、立命館大学、京都産業大学、龍谷大学、大谷大学、京都女子大学、同志社女子大学、関西学院大学 など

主な出身大学:

京都大学、京都工芸繊維大学、京都教育大学、北海道大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、奈良教育大学、岡山大学、広島大学、徳島大学、高知大学、京都市立芸術大学大学院、京都市立芸術大学、滋賀県立大学、大阪市立大学、広島県立大学、同志社大学、同志社女子大学、立命館大学大学院、立命館大学、京都外国語大学、京都女子大学、京都造形芸術大学、京都精華大学、仏教大学、京都華頂大学、京都文教短大、慶応義塾大学、早稲田大学、法政大学、中央大学、帝京大学、名城大学、中京大学、金沢工業大学、奈良大学、関西大学、大阪芸術大学、関西学院大学、武庫川女子大学、岡山理科大学、バーモント大学、ロンドン芸術大学 など

活躍する卒業生(京都建築専門学校ブログ)