木にふれる 道具をまなぶ こころをつくる

woods2日本はその国土の多くが森林であり、それに見合う優れた木の文化があります。
本校では専門学校であることを生かし、独自に木を学びます。

木を学ぶには、木に触れ、木でものをつくってみるのが一番。自分の身体で木を知ることです。

本校では、建築科1年生は全員が木工基礎実習で基本的な道具の使い方、継手・仕口の刻みを体験し、夏休み中の木匠塾活動では山間地に合宿、林業家たちと交流しながら、実際に山の木を用いて制作をおこないます。

とくに大工を希望する学生に向けて、ベテラン棟梁の指導による木工ゼミ、規矩術ゼミ、卒業制作木工コースを用意しています。

また、椅子をデザインして制作する実習ゼミもあります。自分でこしらえた椅子に初めて腰掛けたときの感動をぜひ。


京都建築専門学校の学び
京都建築専門学校の学び
本校では建築を基礎から学びます。構造や法規制などの基本知識を学び、建築士の受験に備えます。加えて、この先の建築はどうあるべきか、建築とはそもそも何なのかを考えることも大切にしています。


基礎から学ぶ
基礎から学ぶ
建築は様々な技術や知識と努力によって、ようやく成り立ちます。もちろん本校の授業では、それらを学ぶことは基本です。けれど、建築設計者・施工者の「基礎」は、それだけでしょうか?


京都 ほんものが ここにある
京都 ほんものが ここにある
京都には,ほんものがある。


伝統を 見る 知る 親しむ 生かす
伝統を 見る 知る 親しむ 生かす
現代の建築もすばらしいものがありますが、一方で伝統的な建築にも心ひかれます。伝統的な建築とその背景となる暮らしの文化にも親しみ、将来のものづくりに生かします。


伝統を科学する
伝統を科学する
伝統的な建築をきちんと科学的に評価することも学びます。


木にふれる 道具をまなぶ こころをつくる
木にふれる 道具をまなぶ こころをつくる
日本には優れた木の文化があります。本校では専門学校であることを生かし,独自に木を学びます。


仲間とつくる~木匠塾
仲間とつくる~木匠塾
小塩木匠塾2014より
本校では京都市の北、学校から車でほぼ1時間ほどの右京区京北小塩町に合宿所があり、夏休み期間中にお盆休みをはさん…