カリキュラム(二部)

設計製図1 担当教員:桐浴 邦夫
授業の目的:製図と設計の基礎を学ぶ
授業の概要:製図の基礎と、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の模写を通じてそれぞれの建築設計の基礎を学ぶ。また自由設計として独立住宅と町家の回収の演習を行う。

設計製図2 担当教員:香西 克彦
授業の目的:RC造の理解を通して、より規模の大きなかつ複雑な建造物に対処できる力の修得。
授業の概要:RC造の実際を、前半の模写、後半の自由設計により学びながら、建築設計に関する一通りの知識・技術の習得を目指す。

CAD情報 担当教員:山口 英樹
授業の目的:コンピュータの基礎知識を学び、建築CADによる製図法を習得する。
授業の概要:前期は、Windowsの基礎的な操作方法を学習した後、jw_cadのコマンド、基本的な使用方法を学ぶ。後期は自由設計の住宅をCADで表現する。

建築計画 担当教員:香西 克彦
授業の目的:人間の生活・行動・意識と空間との対応関係から建築を計画するアプローチを探る。
授業の概要:具体的な事例に基づいて建築計画の基本的考え方を学習する。

計画演習 担当教員:香西 克彦
授業の目的:建築設計につながる建築計画の基本を学ぶ。
授業の概要:建築計画の基本を実例研究と課題演習を通じて学習する。

日本建築史 担当教員:桐浴 邦夫
授業の目的:日本における建築歴史を概観し、古建築を見る目を養う。
授業の概要:古代、中世、近世と、社寺を中心に、代表的な建築を紹介しながら、時代背景などとともに日本建築の歴史をたどる。とりわけ時代別の意匠や構造の特徴を学ぶことを重視し、それぞれの建築の見どころを理解する。

住居史 担当教員:桐浴 邦夫
授業の目的:日本住居の歴史の概要を理解し、今の我々の住居がどのような経緯で形作られたかを理解する。
授業の概要:支配者階層の住居と庶民の住居について、先史、古代から近代に至るまでを概観し、あわせて都市の形状についても学ぶ。

西洋建築史 担当教員:桐浴 邦夫
授業の目的:西洋建築の諸相を歴史的に概観することによって、西洋建築の総括的な理解を目指す。
授業の概要:古代エジプト建築を取り上げた後、西洋の建築を古代ギリシアからバロックまで歴史的に順を追って解説する。

近代建築史     (選択科目) 担当教員:桐浴 邦夫
授業の目的:近代建築を概観し、現在の我々をとりまく建築がどのような経緯でつくられてきたのかを理解する。
授業の概要:西洋と日本の近代における建築の展開を概観する。西洋に起こった産業革命、19世紀末の造形運動、モダニズムとそれぞれの日本への影響を見る。さらには日本独自の展開と近世以前からの連続性にも一瞥する。

建築研究    (選択科目) 担当教員:佐野 春仁
授業の目的:建築とは何か、建築の目指す価値、住まいをどう考えるか、東洋西欧の思想を援用して今日の建築を考える
授業の概要:前期は主に建築の目指す美・用・強の価値について、これまでどのように建築が捉えられて来たかを見る。後期は京都の伝統に深い影響を与えてきた東洋の主に禅の思想から、住まいや建築するということを考える

建築環境工学 担当教員:渡邉 裕人
授業の目的:熱・空気・音・光などの室内環境に関する基本的事項を理解する。
授業の概要:ヒトにとっての「快適」な感覚と、その物理的、工学的な対応を学ぶ。
計算力も身につける。

建築設備 担当教員:渡邉 裕人
授業の目的:各種設備について、その基本的な構成・系統を理解する。その設備で最も重要な点(例えば、給水設備では「給水を絶対に汚染させてはいけないこと」など)を理解し、それを実現するためにどのようなことを備えていなければならないのか、どういう工夫がなされているかを学ぶ。

構造力学Ⅰ 担当教員:加藤 康博
授業の目的:建物に作用する力、部材に生ずる力を把握し、それらの関係について理解する。また、静定構造物及び基本的な不静定構造物の応力図を描きながら力学の基本を理解する。
授業の概要:外力、反力、応力の種類、性質について基本を理解し、いろいろなパターンの静定構造物について具体的な演習を行いながら、応力図を描くことをマスターする。また、基本的な不静定構造物について変形と応力を理解し、そのイメージを掴む。

構造力学Ⅱ 担当教員:加藤 康博
授業の目的:構造力学Ⅰの知識を基に、断面性能と応力度を求め、許容応力度計算の基本を理解する。
授業の概要:部材の断面性能と応力度の関係を理解し、曲げ材、圧縮材、引張材について、基本的な安全性に対する検討を演習を行いながら学ぶ。

建築一般構造 担当教員:山口 英樹
授業の目的:木構造・鉄筋コンクリート構造・鉄骨造において、建築材料がどのような仕組みで建築物になるのかという基礎知識を学ぶ。
授業の概要:主として木造軸組み構造についてその構造、仕上げ方法を学習し、その他の枠組み壁構造、鉄筋コンクリート、鉄骨造については、基本的な構造の特徴を学ぶ。

木構造 担当教員:山口 英樹
授業の目的:木造軸組み工法の概要を知ると共に、軸組み工法の設計法を学ぶ。
授業の概要:木造2階建て(軸組工法)の確認申請に必要な程度の構造知識と性能表示制度の構造検討ができるようになる。

鉄筋コンクリート造 担当教員:浅野 清昭
授業の目的:鉄筋コンクリート構造の工法、構造計画、構造計算の基礎知識を得る。
授業の概要:日本における構造設計の流れを開設。鉛直荷重、地震力、風荷重の求め方を解説したのち、鉄筋コンクリート構造の大梁、柱、スラブ、基礎の構造設計法を学ぶ。

鉄骨構造 担当教員:浅野 清昭
授業の目的:鉄骨構造の工法、構造計画、構造計算の基礎知識を得る。
授業の概要:鉄骨構造の概説ののち、鉄骨構造の大梁、柱の構造設計接合部の構造設計法を学ぶ。加えて、2次設計(層間変形角、剛性率、偏心率、塔状比、保有水平耐力)について解説する。

建築材料 担当教員:浅野 清昭
授業の目的:建築材料の物理的、化学的性質、製法、その他特性を知り、適材適所の使用を理解する。
授業の概要:各種構造材料、仕上げ材量から塗料、接着剤まで、実物サンプルや実験データ、実例写真等を通して、体系的に学習する。

建築施工法 担当教員:浜野 豪
授業の目的:建築の生産の基本、順序、工事別の施工技術を理解し、建築の品質向上に努める。
授業の概要:工事順序に従った授業を行い、各工事の施工ポイントを理解する。また、施工図を描くことで建物を造ることへの理解と関心を深める。

建築積算 担当教員:浜野 豪
授業の目的:各種工事の数量算出方法を知り、工事費の構成を理解する。
授業の概要:各種工事の概要を説明し、演習を行って数量算出の理解を深める。

建築法規 担当教員:永良 勲
授業の目的:建築基準法をはじめとする建築関係法規について基本的事項を理解する。
授業の概要:建築基準法の各規定及び関係法令について、その意義や基本的内容を理解するとともに、法令集の読み方習得する。

CAD演習 担当教員:山口 英樹
授業の目的:CADによる2次元製図、3次元CGおよびプレゼンテーションの実践力を身につけ、卒業設計に活用する。
授業の概要:前期は、3次元CGソフト(SketchUp)の基礎的な操作方法を学習する。後期は卒業設計課題をCAD、3次元CGで表現する。

意匠演習 担当教員:山本 豊
授業の目的:透視図の作成を行うことにより、立体的な表現と形の見え方を理解する。
授業の概要:作成にあたり、授業開始時に手順や図法の説明を行う。平面図と展開図のつながりを理解し、透視図を描く。手で書く実習をすることで、現場で対応できる表現技術を習得する。

建築測量 担当教員:岩橋 卓也
授業の目的:測量学の基礎を学ぶ。
授業の概要:各種の測量における注意点・方法・使用目的などを理解する。

インテリアデザイン 担当教員:山本 豊
授業の目的:西欧、近代日本におけるデザインの流れを概観し、インテリア計画の手法を理解する。
授業の概要:西欧や日本のインテリアの思想とデザインについて講義する。住まいの中にある建築の演出要素について考える。

卒業設計 担当教員:香西 克彦
授業の目的:ここまでに学んだ建築知識・技術を集大成し、卒業設計と言う形で表現する。
授業の概要:建築に関する全知識の集大成として、卒業設計を完成し、各自プレゼンテーションを行う。技術的側面ばかりではなく、表現面においても社会に対してなんらかの提案となることが求められている。


建築科 二部
夜間、2年制。仕事をしながら、あるいはダブルスクールで学ぶ。最短距離で建築士の受験資格が得られます。

カリキュラム(二部)
各授業の概要です

時間割(二部)
授業は18:20~21:30。 時間に余裕のある人は18:10以前の選択科目およびゼミを履修できます。

教員(二部)
各科目担当教員の紹介です

在学生・卒業生の声(二部)
在校生さんの生の声をどうぞ

学生作品(二部)
一年次の町家改修作品と卒業設計作品から数点紹介いたします