沿革

昭和26年7月1日 建築の業界団体である京都府建築工業協同組合が『京都建築工業学校』(各種学校夜間授業修業年限3年)を設置、同年7月1日、開校。
昭和39年 京都府知事の承認を得て、学校法人京都建築学園による学校法人化、同時に全日制を併設。
昭和49年 校名を現在の「京都建築専門学校」と変更
昭和51年 学校教育法の改正に伴い専修学校に認可。京都建築専門学校工業専門課程建築科(昼)、建築科二部(夜)を設置。
平成2年 伝統建築研究科(別科、夜間)を設置、開講。
平成7年 文部省告示により建築科および建築科二部の卒業生に専門士(工業専門課程)の称号付与、大学への編入学が一般化。
平成12年 「よしやまち町家校舎」改修整備、「町家研究室」など多面的な活動の拠点として利用。
school-his-img001

旧校舎風景(昭和61年撮影)

school-his-img002

現校舎風景(昭和62年撮影)

school-his-img003

屋町町家校舎(平成12年撮影)

学校案内 学校案内 建築の基礎力を身につけ、
伝統や木造を理解し、
現代に生かすことのできる建築のプロフェッショナルになる。

京都建築専門学校の学び 京都建築専門学校の学び 本校では資格の取得に備え、建築を基礎から学びます。加え、建築はどうあるべきか、建築とは何かを考えることも大切にしています

校長メッセージ 校長メッセージ さまざまな多くの知識とともに、根底にある建築する喜びを知ってもらいたいと思っています

沿革 沿革 昭和26年の設立より、今日までの本校の歩み

キャンパス紹介 キャンパス紹介 主に授業やゼミで使用している本校舎・よしやまち町家校舎に加え、塩小路町家学舎と京北小塩山の家(木匠塾合宿所)があります