市民講座 「 木造の魅力 」

IMG_9304京都建築専門学校は、戦後間もなく、京都の大工職組合の子弟教育に始まりました。それから60余年、建築をとりまく状況が著しく変わりつつある中、本校は時代の要求に応えながらも、伝統的な木造建築のふところの深さをその教育の基本に据えて日々の指導に励んで参りました。「木造の魅力」を基本テーマに掲げるこの市民講座も、また別科としての伝統建築研究科も同じ姿勢から生まれました。ともに語り合い、学び、われわれの建築やまちが少しでも豊かなものになるよう努力しようというものです。
7月1日の創立記念日、11月初旬の学園祭、12月の全学生参加シンポジウムの3回の講座、ともに無料で開催しております。ふるってご参加ください。

■市民講座リスト 昭和63年から


公開講座
京都建築専門学校は、一部の教育プログラムを広く社会に開放し、多様化した時代にふさわしい生涯学習の実現を目指しています。

市民講座 「 木造の魅力 」
「木造の魅力」を基本テーマに掲げ、広く一般に公開する講演・シンポジウムを開催しております

二級建築士試験受験対策講座
学科講座と製図講座を用意しております

建築 3D-CAD 夏期集中講座
SketchUpによる3次元モデリングから、Kerkytheaを用いたレンダリングの方法まで、5回の短期で習得します