伝統建築研究科 教養講座

伝統建築研究科 教養講座

  • 対象者:伝統建築研究科の基礎講座を受講された方、あるいはそれと同等とみなされる方

教養講座は、基礎講座で学んだ内容をステップアップすることを目的としています。茶室や町家民家、社寺建築について基礎講座で学んだ考え方を、より具体的に理解することを目的とします。

  • 期間 : 2019年4月10日(水)~7月13日(水)
    講義 水曜日19:00~21:00/ 見学 土曜日 昼間
  • 場所 : 京都建築専門学校よしやまち町家校舎 京都市上京区葭屋町通下立売下ル丸屋町260
  • 講座の内容 : 下の表を参照16日間 (講義:水曜日 夜間2時間12回、見学:土曜日 昼間4回)
  • 受講資格 : 伝統建築研究科の基礎講座を受講された方、あるいはそれと同等とみなされる方
  • 受講料 : 40,000円(見学料を含む)
  • 募集人数 : 約15名(先着順で締め切ります)
  • 募集期間 : 3/4(月)~4/8(月)
  • 申込 : このページの下の申込書に必要事項を記入しFAX、または同内容をメールして下さい。
  • 備考1: 10月より専門講座が始まります。本講座を受講された方は受講資格となります。
  • 備考2:これまで基礎教養講座を受講した人、あるいは2015年以前に伝統建築研究科を受講された人には、5,000円の割引制度があります。
月日 曜日 内容(講義:水曜日19:00~21:00、見学:土または日曜日昼間)
4月10日 ガイダンス(19:00~19:10)
1 茶室の計画
4月24日 2 茶室の計画
5月8日 3 茶室の計画
5月15日 4 伝統建築の保存
5月22日 5 もてなしの空間自由な空間
5月29日 6 もてなしの空間自由な空間
6月5日 7 町家民家のリノベーション
6月12日 8 町家民家のリノベーション
6月19日 9 京都の近世社寺
6月26日 10 京都の近世社寺
7月3日 11 京都の近世社寺
7月10日 12 文化財の保存
4月27日 1 見学
5月25日 2 見学
6月15日 3 見学
7月6日 4 見学
*見学先の都合や諸般の事情で日程が変更されることもあります。

講師紹介:

桐浴邦夫(京都建築専門学校副校長、博士(工学))

下条典功(京都伝統建築技術協会、中村昌生先生に師事)

高島和之(高島和之建築設計室主宰、藤岡龍介先生に師事)

島田 豊(京都府文化財保護課)

福田敏朗(元本校校長、元京都府文化財保護課)

京都建築専門学校伝統建築研究科 教養講座 受講申込書

申込先  FAX 075-441-7330   e-mail info@kyotokenchiku.ac.jp

 フリガナ
 氏名

生年月日

性別

      年    月    日生 満(    )歳

男 ・ 女

自宅住所

TEL(   )    -     FAX(   )    -

e-mail

勤務先又は学校名

名称:

TEL(   )    -     FAX(   )    -

e-mail

これまで基礎教養講座を受講した人、あるいは2015年以前に伝統建築研究科を受講された人

には割引制度があります。該当者はご申告ください。

         年度  講座名:                     


伝統建築研究科
入門講座、基礎教養講座、専門講座。平日夜間の講義と、土日に行われる見学があります。

町家で学ぶ、はじめての伝統建築
はじめて伝統建築にふれる方を対象とする入門講座です

伝統建築研究科 基礎講座
本校の卒業生や入門講座の修了生の方、文化財マネージャー講習を受けられた方などを対象としています

伝統建築研究科 教養講座
伝統建築研究科 教養講座 対象者:伝統建築研究科の基礎講座を受講された方、あるいはそれと同等とみなされる方 教養講座は、基礎...

伝統建築研究科 専門講座
基礎教養講座を修了された方や同等と認められる方を対象とする、より専門性の高い講座です

カリキュラム・時間割(伝統)
各講座の授業内容の概要です

教員(伝統)
各科目担当教員の紹介です